多言語対応による国際展開を目指し、現行の対応言語数を6つに増やし、専門スタッフを増やしました。これにより日本語のほかに、英語、中国語、ロシア語、ウイグル語、ウズベキスタン語、トルコ語が対応可能になりました。